医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

LINE@

内科・皮膚科
ID:me1803p
美容皮膚科
ID:xjw7932z

静岡市駿河区の内科・皮膚科医院 医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

コラム

関節リウマチの日常生活の注意事項

Ⅰ. 就寝と起床

  • 蒲団よりベッドがよく寝具は体が沈み込んでしまわないやや固めのものにする。
  • 寝る前に30分うつ伏せになったり、ベッド上で座って膝を伸ばす習慣をつける。これは股・膝関節の屈曲拘縮の予防に役立つ。
  • 正しい姿勢で寝る。痛みの少なくなるような姿勢(丸まったり、膝を曲げたり)で寝ない。
  • 睡眠は充分にとる。
  • ベッドから急に立ち上がらず一度腰を掛け間を置いて立つ習慣をつける。朝は不用意に首を回さない。
  • 朝のこわばりや関節痛がひどいときは主治医に相談する。(一般に夜の薬を遅くしたり、多くしたりする)

Ⅱ. 食事

  • 特に禁止するような食べ物はなくバランスのよい食事をとる。太り過ぎは禁物。
  • アルコールはリウマチのひどいときは避けるべきだが、普段は適当なアルコー ルは問題ない。
  • 体を冷やすもの(清涼飲料水、かき氷、すいかなど)は避けたほうがよい。
  • カルシウムは1日1500㎎を目標に取る。そのためには吸収率の良い乳製品(ヨーグルト、牛乳、チーズ)は必要。

Ⅲ. 歩行

  • 体をリラックスさせ柔らかく歩く。「骨で歩かずに筋肉で歩く」
  • 先細りの靴やハイヒールは禁物で、柔らかいスポンジでできた底の厚いもので 先太の靴を履く。
  • 家の中では鼻緒のあるスリッパを履き外反母趾を予防する。

Ⅳ. 家事、日常動作

  • 家事も運動療法。しかし、「家事をしているから体操はしなくてもよい」と言った考えは間違い。家事では意外に狭い範囲の限られた関節しか動かしていない。
  • 長時間じっと立っていることは禁物で、関節軟骨を圧迫したままになる。膝を曲げたり伸ばしたりするような習慣をつける。
  • 包丁の柄は太めに、片手で不用意に物を持たない、重いものはワゴン車で運ぶなど体の具合にあわせて日常動作を週間づける。

Ⅴ. 入浴

  • 入浴は筋肉の疲れを癒し、痛みをほぐす。
  • 入浴中や湯上がりの運動は効果的で、特に入浴中は浮力を利用して普段できないような動作(正座など)が可能になる。
  • 過度の長風呂は禁物で、温めのお湯でせいぜい20分ぐらいにして疲れを翌日に残さない。
  • できれば朝夕2回入浴した方が好ましい。

Ⅵ. 運動

  • 運動はリウマチの症状、段階により個人差があるので、自分の運動療法については主治医に決めてもらう。
  • "できる動作" と "している動作" があることをまず知る。"できる動作" とは、患者のもっている最大限の機能を指し、"している動作" とはいつもの生活の中で行っている動作のことで、"できる動作" を1日1度は少々痛くても最大限に動かす。
  • 翌日に痛みの残るような運動はしない。
  • 首の運動は原則として禁止(特に前屈位は)。首の骨に異常のない場合は医師の許可があれば可能。
  • 筋肉を強くすることが大切で、特に関節を伸ばす筋肉を鍛える。

Ⅶ. 結婚

  • 一般に1000人に3人がリウマチに罹っているが、母親がリウマチの場合、たかだか1000人に9人に増えるに過ぎない。
  • 父親がリウマチの場合、母親の場合より遺伝性が高くなるといわれている。
  • 結婚後の家庭生活では、特に周りの男性側の身内には嫁のリウマチの痛みが理解されにくくしばしば誤解を生じるので、主治医に、よくよく家族に説明してもらう。

Ⅷ. 出産

  • 妊娠後リウマチは軽くなり、出産後悪化することが多い。育児の過労やストレスも悪化要因となるので、できるだけ周りの人に加勢してもらう。
  • 出産後は一時的に少量のステロイドを投与しリウマチの再燃を防ぐこともある。
  • リウマチの薬で胎児に影響を及ぼすもので
    ①禁忌:免疫抑制剤(メトトレキサート、イムラン、エンドキサンなど)
    ②影響を及ぼす薬:鎮痛剤(インドメタシン、クリノリル、ブルフェン)
    ③安全性の確立していない薬:抗リウマチ薬(メタルカプターゼ、リマチル、カルフェニール)、上記以外の鎮痛剤
    ④比較的安全な薬:少量のステロイド、生物学的製剤

Ⅸ. 家屋の改装

  • 一階で暮らす。
  • 部屋の内外に段差をつけない。
  • 浴室、トイレ、廊下に手摺をつけ、寝室はなるべく近くにする。
  • 車椅子で家の出入りや、室内移動を可能にするようにする。
  • 台所は立ち椅子を利用できるスペースを設ける。
  • 風呂桶は埋め込み型を、トイレは洋式にする。

Ⅹ. リウマチのしてはならない10カ条

  • 高い枕
  • 膝を曲げて寝る
  • 正座する
  • 和式トイレ
  • 床からの立ち座り
  • 長距離歩行
  • 先細りのハイヒール
  • 買い物袋をたくさん持つ
  • 手拭や雑巾を絞る
  • 蛇口の使用
医師コラム 2016/11/07

内科医と皮膚科医が連携し診療するクリニックとして、膠原病リウマチや甲状腺など、両科の医師がコラムを執筆します。

膠原病リウマチ疾患に対して行政に望むこと

膠原病、リウマチ疾患患者の診療に当たっている立場から、日常、思っていることを述べます。

食物アレルギーについて

平成30年1月30日放送の「ためしてガッテ」のテーマは「食物アレルギーについて」でした。 食べたこともないのに、または、これまで大丈夫だった食物に対して突然口内違和感、息苦しさ、咳や蕁麻疹。ついには意...

関節リウマチの日常生活の注意事項

今回のコラムでは、関節リウマチの日常生活における注意事項を10の分類でまとめてみました。就寝や起床、食事や入浴などの日常動作の他、結婚や出産、家屋の改築時などに注意すべきことも掲載しています。ご本人は...

リウマチ診療における開業医の役割

なぜ日本でリウマチを含めた膠原病(以下膠原病リウマチ)という全身の病気をいろいろな科が診ているのかという理由は明治時代まで遡ります。 本は近代醫學の導入にあたり臓器別醫學を基本とするドイツ醫學を選択し...

当院診察室「皮膚科2」の診察台について

「〇〇さん 皮膚科2へどうぞ」とのマイクの案内に診察室に入ると大きな緑の診察台が目に飛び込んできます。多くの方は「え、何されるの?」とびっくりされます。 これは アメリカの診察室で使われる診察台を開業...

当院での甲状腺外来の特殊性

当院では、甲状腺外来にも力を入れております。今回は特に甲状腺外来の当院の特殊性についてお話しします。 当院内科医師の浜松聖霊病院内科部長の時代には、膠原病リウマチ内科、及び、甲状腺外来を担当し、13...

関節リウマチは何科が診る?

なぜ日本でリウマチを含めた膠原病という全身の病気をいろいろな科が診ているのか。その理由をご存知の方は多くないのではないでしょうか。 アメリカでは、リウマトロジストと呼ばれる専門内科医が近代医学創立期...

関節リウマチによる足のトラブルとホームケア

今回のコラムでは、「足のトラブルとホームケア」について、関節リウマチによる足の変形で悩まれている方や、疾患のない方でも自宅でできるフットケアの方法ついてご紹介します。 外反母趾の原因や、タコ(胼胝)、...

美容皮膚科医師、看護師が美容に関するコラムを執筆します。美容皮膚科に通われている方へお役に立てる情報を発信していきます。

ピアスの穴あけ

ピアッシングは医療行為です。 思わぬ皮膚トラブルを避けるためにも、安全な方法でピアスの穴あけを行いましょう。 当院では耳たぶにピアスの穴あけを行っています。 耳介の軟骨や口唇、舌、鼻、臍、乳首など...

施術の予約が取り易くなりました

部屋数が増え、ご予約が取り易くなりました。 レーザー施術や注入施術は木曜11時台、土曜午後でご予約頂けます。 また、脱毛、ミルクピール、ルートロピールの施術は平日もご予約いただけます。 お電話が非常に...

皮膚科で医療レーザー脱毛しませんか

この機器の特徴として、皮膚の深いところまで高出力の光が届くため、毛根が深くしつこい毛に対しても根元からしっかり脱毛ができます。 またメラニンに選択的に吸収される光のため、ハイパワーでありながら皮膚への...

美白剤『ハイドロキノン』のはたらき

ハイドロキノンとはイチゴやコーヒーなどにも含まれている物質で、市販の化粧品の場合、2%までの配合が厚生労働省により許可されています。2%以上の濃度のものは医師の処方が必要になります。 シミのもとにな...

日焼け止め、上手に使えていますか?

先日、エンビロンのコラムでも光老化についてふれました。 紫外線を防ぎ健康的な肌を維持するために、みなさんは日焼け止めを上手に使えていますか? 紫外線(UV)を浴び続けると、しみ・くすみ・乾燥・たるみ...

そのシワ、あきらめないで!

ふと窓や鏡に映った自分の顔にドキっとしたことはありませんか? 目尻、眉間のシワは年齢も年齢だから・・・と諦めずに是非当院に一度ご相談ください。 シワ治療にはレーザー治療やヒアルロン酸注入など様々な方...

お肌の状態確かめてみませんか?VISIAが新しくなりました

VISIAは「シミ」「しわ」「毛穴」「色ムラ」「赤み」「ポルフィリン」「隠れジミ」に加え「まつ毛の長さ・多さ」「肌年齢」を画像から計算するものです。 今回この装置をリニューアルし これまでに比べ、...

ミルクピール

ミルクピールとは「グリコール酸」「乳酸」「サリチル酸」の3種類の酸を配合した医療機関専用の新しいピーリング剤です。 3種類の酸はそれぞれ働きが違うため、複数の酸を使用することにより、より良い効果が得...

☆エコツー(フラクショナルレーザー)

Eco2レーザーは、たるみや毛穴の開き、ニキビ跡に悩む方に適したレーザー治療です。 1064nm のレーザーで真皮に小さな穴を多数あけて、レーザーによる熱変性と、真皮のリモデリングにより肌のたるみを...

ダウンタイムがないスペクトラレーザー

仕事をしているから人にわかるような治療は嫌!でも透明感のある明るい肌にしたい!肝斑をなくしたい!と思っている貴女にピッタリの治療です。 当院のQスイッチYAGレーザーはは2週間〜1ヶ月ごとに5回コー...

看護師、医療スタッフがクリニックに関するコラムを綴ります。

年に一度の検診、受けていますか?

特定検診は生活習慣病の要因となるメタボリックシンドロームを早期に発見し改善を目的とする検診です。職場などで受ける機会がない方や都合がつかず受けられなかった方は、各自に届けられる受診券を利用して早めに受...

次世代型のQスイッチルビーレーザー

10月21日に、当院のルビーレーザーは新しく生まれ変わりました。 「エネルギー効率を追求した次世代型のQスイッチルビーレーザー」は シミ、あざの治療に活躍することでしょう。...

組成チェックで体型 体調管理をしてみませんか?

体組成とは体を構成する成分で、脂肪、筋肉、骨、水分などです。体組成の乱れは生活習慣病や体の不調につながります。定期的にチェクすることで健康管理、維持に役立ちます。 「最近太ってきた?」「筋肉が少ないか...

「○○さん 皮膚科2へどうぞ」★当院診察室「皮膚科2」の特徴

「〇〇さん 皮膚科2へどうぞ」とのマイクの案内に 診察室に入ると大きな緑の診察台が目に飛び込んできます。多くの方は「え、何されるの?」とびっくりされます。これはアメリカの診察室で使われる診察台を開業時...

当院の風除室にコンソールと花瓶を作っていただきました。

当院の風除室にコンソールと花瓶を作っていただきました。鉄独特の風合いがとても素敵です。来院時に一寸足を止めて、眺めて触ってください。写真は鉄の芸術家の天利 哲 さんです。...