医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

LINE@

内科・皮膚科
ID:me1803p
美容皮膚科
ID:xjw7932z

静岡市駿河区の内科・皮膚科医院 医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

コラム

関節リウマチは何科が診る?

今回のコラムでは、「なぜ日本でリウマチを含めた膠原病という全身の病気をいろいろな科が診ているのかという理由」について、リウマチ専門医として考えてみました。 当コラムには、専門的な内容や用語が含まれておりますので、わからないことやご相談されたい内容などは、診察時にお気軽にお尋ねください。

はじめに

足のトラブルとホームケア
内科 リウマチ専門医 真砂玲治

なぜ日本でリウマチを含めた膠原病という全身の病気をいろいろな科が診ているのか。その理由をご存知の方は多くないのではないでしょうか。

アメリカでは、リウマトロジストと呼ばれる専門内科医が近代医学創立期から存在し、非常に高い地位を占めているのに対し、日本では、臓器を専門とした医師がプライドを優先するばかり、武器(治療器具)を自慢し合い、医師としての本来の仕事を忘れてしまっていると感じます。

本来はアメリカのように、リウマチ内科専門医が薬物療法、リハビリ、手術を一体として管理し、患者さんの全身管理をしていかなければなりません。リウマチ専門医のあるべき姿について考えます。

リウマチを含めた膠原病の診療科目

なぜ日本でリウマチを含めた膠原病という全身の病気をいろいろな科が診ているのかという理由は明治時代まで遡ります。

日本は近代醫學の導入にあたり臓器別醫學を基本とするドイツ醫學を選択しました。

感染症、癌などの治療技術は、すべて臓器別に発達しました。同じ原因菌なのに感染した臓器が異なるとその臓器の専門医が所属する。
医局の秘法伝授的な抗生物質の処方をします。

その結果、各科、各医局毎の非科学的自己流の抗生物質の乱用を招き、日本は世界一の耐性菌づくり大国になってしまいました。
癌もそうです。抗癌剤の使い方は非科学的な使用がまかり通っています。

日本の膠原病治療は、最も遅れた分野に

その中で全身の病気である膠原病は最も遅れた分野になりました。

膠原病は最初に侵された臓器によってどの科で診るかが決まるのです。

皮疹があれば皮膚科、関節痛があれば整形外科、息苦しければ呼吸器内科、蛋白尿なら腎臓内科と、一人の患者、一つの病気なのにあらゆる科で複数の医師に診られています。

臓器別専門医は専門以外の臓器には興味がないので、診断治療が遅れ悲惨な運命をたどることが多いのです。

専門医であることのプライド

アメリカでは、リウマトロジストと呼ばれる専門内科医が近代医学創立期から存在し非常に高い地位を占めています。

日本では呼吸器科ならば気管支ファイバー、消化器科ならば胃カメラ、腎臓科ならば透析、循環器科ならば心臓カテーテル検査などを実施します。それが専門医であることのプライドになってしまっているのです。
一方臓器を持たない科、リウマチ科などは、臓器専門医から軽視される傾向があります。

しかし、臓器専門医は武器(治療器具)ばかりを自慢し合って、医者本来の使命を忘れ、患者を診なくなっています。

このような経緯で、関節リウマチは全身を診る内科と、関節を診る整形外科が混在して診るようになってしまいました。

ここ数年、関節リウマチの分野は飛躍的に進歩しています。高度化した薬の使い方をする疾患を、日常、外傷、手術に忙殺されている一般整形外科医が診るは困難です。 リウマチ内科専門医が薬物療法、リハビリ、手術を一体として管理し全身管理をしていかなければなりません

本来の開業医のあるべき姿

開業医ではこの傾向がもっと顕著です。本来の開業医はプライマリーケア医(家庭医・かかりつけ医)であるべきなのに、ほとんどの日本の開業医は、非常に狭い範囲を専門にする医者が、総合病院でのポストがなくなり開業しているのが現状です。

内科も専門化細分化が進み、膠原病リウマチを診たこともない医者が開業しプライマリーケア医になっています。患者は開業医にプライマリケア医を期待して、内科と標榜されていれば全身を診れる医者だと思って来院するのです。

さらに、日本の医療保険システムでは、開業医はともかく多く患者を診なければ経営的に成り立ちません。
せっせと患者さんを1日中診て、夜はレセプト(算術医)の日々です。

リウマチも早期発見・早期治療の時代です

リウマチも早期発見・早期治療の時代です。病院、診療所を問わず本当にリウマチを熟知し全身を診れる内科医にかかることが患者さんの将来を決定すると言っても過言ではありません。リウマチの専門医であれば、診療科目が異なる場合でも、総合的に患者さんの状態を管理することができるのです。リウマチ専門医にかかり、正しい治療を心がけることが、治療の第一歩です。

医師コラム 2016/02/10

内科医と皮膚科医が連携し診療するクリニックとして、膠原病リウマチや甲状腺など、両科の医師がコラムを執筆します。

膠原病リウマチ疾患に対して行政に望むこと

膠原病、リウマチ疾患患者の診療に当たっている立場から、日常、思っていることを述べます。

食物アレルギーについて

平成30年1月30日放送の「ためしてガッテ」のテーマは「食物アレルギーについて」でした。 食べたこともないのに、または、これまで大丈夫だった食物に対して突然口内違和感、息苦しさ、咳や蕁麻疹。ついには意...

関節リウマチの日常生活の注意事項

今回のコラムでは、関節リウマチの日常生活における注意事項を10の分類でまとめてみました。就寝や起床、食事や入浴などの日常動作の他、結婚や出産、家屋の改築時などに注意すべきことも掲載しています。ご本人は...

リウマチ診療における開業医の役割

なぜ日本でリウマチを含めた膠原病(以下膠原病リウマチ)という全身の病気をいろいろな科が診ているのかという理由は明治時代まで遡ります。 本は近代醫學の導入にあたり臓器別醫學を基本とするドイツ醫學を選択し...

当院診察室「皮膚科2」の診察台について

「〇〇さん 皮膚科2へどうぞ」とのマイクの案内に診察室に入ると大きな緑の診察台が目に飛び込んできます。多くの方は「え、何されるの?」とびっくりされます。 これは アメリカの診察室で使われる診察台を開業...

当院での甲状腺外来の特殊性

当院では、甲状腺外来にも力を入れております。今回は特に甲状腺外来の当院の特殊性についてお話しします。 当院内科医師の浜松聖霊病院内科部長の時代には、膠原病リウマチ内科、及び、甲状腺外来を担当し、13...

関節リウマチは何科が診る?

なぜ日本でリウマチを含めた膠原病という全身の病気をいろいろな科が診ているのか。その理由をご存知の方は多くないのではないでしょうか。 アメリカでは、リウマトロジストと呼ばれる専門内科医が近代医学創立期...

関節リウマチによる足のトラブルとホームケア

今回のコラムでは、「足のトラブルとホームケア」について、関節リウマチによる足の変形で悩まれている方や、疾患のない方でも自宅でできるフットケアの方法ついてご紹介します。 外反母趾の原因や、タコ(胼胝)、...

美容皮膚科医師、看護師が美容に関するコラムを執筆します。美容皮膚科に通われている方へお役に立てる情報を発信していきます。

ピアスの穴あけ

ピアッシングは医療行為です。 思わぬ皮膚トラブルを避けるためにも、安全な方法でピアスの穴あけを行いましょう。 当院では耳たぶにピアスの穴あけを行っています。 耳介の軟骨や口唇、舌、鼻、臍、乳首など...

施術の予約が取り易くなりました

部屋数が増え、ご予約が取り易くなりました。 レーザー施術や注入施術は木曜11時台、土曜午後でご予約頂けます。 また、脱毛、ミルクピール、ルートロピールの施術は平日もご予約いただけます。 お電話が非常に...

皮膚科で医療レーザー脱毛しませんか

この機器の特徴として、皮膚の深いところまで高出力の光が届くため、毛根が深くしつこい毛に対しても根元からしっかり脱毛ができます。 またメラニンに選択的に吸収される光のため、ハイパワーでありながら皮膚への...

美白剤『ハイドロキノン』のはたらき

ハイドロキノンとはイチゴやコーヒーなどにも含まれている物質で、市販の化粧品の場合、2%までの配合が厚生労働省により許可されています。2%以上の濃度のものは医師の処方が必要になります。 シミのもとにな...

日焼け止め、上手に使えていますか?

先日、エンビロンのコラムでも光老化についてふれました。 紫外線を防ぎ健康的な肌を維持するために、みなさんは日焼け止めを上手に使えていますか? 紫外線(UV)を浴び続けると、しみ・くすみ・乾燥・たるみ...

そのシワ、あきらめないで!

ふと窓や鏡に映った自分の顔にドキっとしたことはありませんか? 目尻、眉間のシワは年齢も年齢だから・・・と諦めずに是非当院に一度ご相談ください。 シワ治療にはレーザー治療やヒアルロン酸注入など様々な方...

お肌の状態確かめてみませんか?VISIAが新しくなりました

VISIAは「シミ」「しわ」「毛穴」「色ムラ」「赤み」「ポルフィリン」「隠れジミ」に加え「まつ毛の長さ・多さ」「肌年齢」を画像から計算するものです。 今回この装置をリニューアルし これまでに比べ、...

ミルクピール

ミルクピールとは「グリコール酸」「乳酸」「サリチル酸」の3種類の酸を配合した医療機関専用の新しいピーリング剤です。 3種類の酸はそれぞれ働きが違うため、複数の酸を使用することにより、より良い効果が得...

☆エコツー(フラクショナルレーザー)

Eco2レーザーは、たるみや毛穴の開き、ニキビ跡に悩む方に適したレーザー治療です。 1064nm のレーザーで真皮に小さな穴を多数あけて、レーザーによる熱変性と、真皮のリモデリングにより肌のたるみを...

ダウンタイムがないスペクトラレーザー

仕事をしているから人にわかるような治療は嫌!でも透明感のある明るい肌にしたい!肝斑をなくしたい!と思っている貴女にピッタリの治療です。 当院のQスイッチYAGレーザーはは2週間〜1ヶ月ごとに5回コー...

看護師、医療スタッフがクリニックに関するコラムを綴ります。

年に一度の検診、受けていますか?

特定検診は生活習慣病の要因となるメタボリックシンドロームを早期に発見し改善を目的とする検診です。職場などで受ける機会がない方や都合がつかず受けられなかった方は、各自に届けられる受診券を利用して早めに受...

次世代型のQスイッチルビーレーザー

10月21日に、当院のルビーレーザーは新しく生まれ変わりました。 「エネルギー効率を追求した次世代型のQスイッチルビーレーザー」は シミ、あざの治療に活躍することでしょう。...

組成チェックで体型 体調管理をしてみませんか?

体組成とは体を構成する成分で、脂肪、筋肉、骨、水分などです。体組成の乱れは生活習慣病や体の不調につながります。定期的にチェクすることで健康管理、維持に役立ちます。 「最近太ってきた?」「筋肉が少ないか...

「○○さん 皮膚科2へどうぞ」★当院診察室「皮膚科2」の特徴

「〇〇さん 皮膚科2へどうぞ」とのマイクの案内に 診察室に入ると大きな緑の診察台が目に飛び込んできます。多くの方は「え、何されるの?」とびっくりされます。これはアメリカの診察室で使われる診察台を開業時...

当院の風除室にコンソールと花瓶を作っていただきました。

当院の風除室にコンソールと花瓶を作っていただきました。鉄独特の風合いがとても素敵です。来院時に一寸足を止めて、眺めて触ってください。写真は鉄の芸術家の天利 哲 さんです。...