医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

LINE@

内科・皮膚科
ID:me1803p
保険外・美容
ID:xjw7932z

静岡市駿河区の内科・皮膚科医院 医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

お問い合わせ(内科Q&A)

膠原病リウマチに関する質問

膠原病リウマチについて、患者さんより寄せられる質問をご紹介します。

膠原病とはどんな病気ですか?

膠原病はよくわからないけれども怖い病気で怖い治療をされると考えられている方が多いと思います。
簡単に言えば、本来、外敵(細菌、ウィルスなど)から自分を守る「免疫システム」に原因不明の異常が起こり、敵と味方の区別ができなくなり味方をも攻撃してしまう病気です。

関節が攻撃される関節リウマチ、皮膚、腎脳などの全身の臓器が障害される全身性エリテマトーデス、筋肉が侵される皮膚/多発性筋炎、皮膚が硬くなる強皮症、眼や口腔内が乾燥するシェーグレン症候群というように主に侵される部分から病名が付いていますがいずれも全身の臓器が障害されます。発熱、全身倦怠感、体重減少、リンパ筋腫脹、冷たくなると手先が真白になるレイノー現象などで始まり、それぞれの病気に特有な症状が出てきます。風邪に似た症状で始まるので早期診断が困難な病気です。

膠原病は治るのですか?

治療は異常な免疫だけを治すことができれば良いのですが、現在はそのような薬はなく、正常も含めすべての免疫を抑える治療が主体です。従って副作用もあります。

治る病気ではなく、抑えていく病気で、一生つきあって行かなければなりません。病気について正しく理解しないと、検査ばかりで治療を受けても一向に良くならないという医師に対する不信感につながり、診断や治療の時期を逸することがあります。

膠原病はどの科で診てもらったらよいのでしょうか?

膠原病は全身が障害される病気で欧米ではリューマトロジストという内科医が診ています。
日本ではそういう専門内科医の導入が遅れ、皮膚が侵されたら皮膚科、肺なら呼吸器科、関節なら整形外科というように臓器別に各科が膠原病を診てきました。

本来ならば膠原病専門内科医が診るべきですが、その育成が遅れているのが現状です。

日・米・仏の診療範囲比較
日・米・仏の診療範囲比較
関節リウマチの治療で生物学的製剤が最近よく新聞テレビに出てきますがどういう治療ですか?

関節リウマチの関節破壊変形の原因となる物質(サイトカイン)を抑える治療で、日本ではレミケード、エンブレル、ヒュミラ、アクテムラ、オレンシア、シンポニー、シムジア、ゼルヤンツ(認可順)があります。

関節リウマチが治る時代に入ったと言われるほど画期的な薬ですが、決して治癒されるような薬ではありません。それぞれに特徴があり、インターネットやほかの患者さんからの情報で「あれがいいこれがいい」というものではありません。

関節リウマチに限らず膠原病全般に言えることですが、患者さんそれぞれで効く薬効かない薬があるので、経験・知識をもつ信頼関係のある主治医と相談して治療をしていかなければなりません。

関節リウマチの検査にはどんなものがありますか?

関節リウマチを治療していくためには、活動性を評価する必要があります。
活動性をみる指標は、触診、問診による関節所見の他に、血液検査で、リウマトイド因子(RF)、血沈、CRP、白血球、血小板、マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP-3)、抗環状シトルリン化ペプチド抗体(抗CCP抗体)があります。

リウマトイド因子(RF):

関節リウマチ患者さんの約80%で陽性です。関節リウマチ以外の自己免疫疾患や慢性感染症でも陽性になります。健康な人でも5-7%は陽性になります。

CRP:

関節リウマチの疾患活動性をよく反映するので、経過観察の良い指標となります。炎症範囲の大きさに相関して高値となります。初発のCRPが高値ほど将来の関節破壊が進むため、積極的に治療します。

MMP-3:

関節滑膜細胞などで産生される蛋白分解酵素で、関節破壊に深くかかわっています。早期関節リウマチにおいてMMP-3が6-12ヶ月後のX線変化と相関することや、最初の1年間にMMP-3を治療により抑制できた患者さんではその後の関節障害が抑制できたことから、関節予後を予測しうるマーカーとして注目されています。

抗CCP抗体:

診断、特に早期のリウマチの診断に有用であるだけでなく、今後関節がどのぐらい破壊変形するかという関節予後予測因子として有用で、最新のリウマチ反応として注目されています。

白血球、血沈、血小板も炎症の程度を表します。白血球は現在の炎症(急性)を、血沈、血小板は慢性の炎症を反映します。しかし、いろいろな要因で変化するので全ての検査結果をみて判断する必要があります。

抗核抗体が陽性で膠原病になると言われたのですが本当ですか?

抗核抗体は自己抗体と言われるものの一つです。抗体は非自己(細菌、ウイルス)に対し作られ自分を防御する物質ですが、自己抗体は自己(自分の体)に対し作られ自分を攻撃するものです。抗核抗体は自己抗体の1つで細胞内成分に対する抗体です。体は細胞でできており抗核抗体は全身を攻撃し、多くの膠原病で陽性になります。

しかし抗核抗体の検査は非常にあいまいな検査で女性で30%弱、男性で10%弱陽性になります。つまり女性1000人のうち300人くらいは陽性になりますが、膠原病患者さんは全部集めても1000人のうち5~6人程度で、抗核抗体陽性のほとんどは正常ということになります。

リウマチは不自由になるけど生命には関係ないと聞きますが本当ですか?

残念ながら旧来の治療を受けている患者さんの寿命は10~15年短いという統計が出ています。しかし現在の最先端の治療を受ければ健常人と変わらないといわれています。

リウマチと寿命
リウマチと寿命
リウマチはゆっくり変形していくので治療はあせってやる必要はないのでしょうか?

20~30年前まではそのように言われましたが実際は発病2年で50%骨破壊が進行します。癌と同じように早期発見早期治療が必要です。

関節リウマチの関節破壊の推移
関節リウマチの関節破壊の推移

甲状腺外来に関する質問

甲状腺外来について、患者さんより寄せられる質問をご紹介します。

甲状腺に異常があるとどうなりますか?

自律神経失調症、更年期障害、うつ病、心臓病、癌、腎臓病、肝臓病、蕁麻疹、糖尿病、高血圧、認知症と間違われていませんか?甲状腺の病気である事に気づかず苦しんでいたり、また容貌や性格の変化にとまどい、悩んでいたる方が少なくありません。

甲状腺は代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器で、多すぎるとバセドウ病、少なすぎると橋本病と呼ばれています。適切な診断と治療を受ければ、見違えるほど元気になり、まったく健康な人と同じように運動、妊娠、授乳、仕事となんでもできるようになります。

10人に1人はパセドウ病や橋本病など、甲状腺に異常があるとも言われています。

検診で甲状腺が大きいと言われましたが病気でしょうか?

甲状腺機能が亢進するバセドウ病、低下する橋本病、単に大きい単純甲状腺腫、良性の腫瘍、癌などいろいろあり、血液検査と甲状腺エコー、細胞診でほぼ診断がつきます。

解決されない方へ

よくあるご質問と回答をご覧いただけても問題が解決されませんでしたら、お問い合わせフォームをご利用ください。
尚、診察内容に関するお問い合わせは、対面診察が必要なことから一切お受けすることができません。直接ご来院ください。

また、お問い合わせへのご返答は翌診療日中にご連絡差し上げます。
ただし、お問い合わせ内容によってはご返答までにお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。