男性型脱毛

AGAの治療で現在FDAが認めた有効な薬は、内服のフィステナリドとデュタステリド、外用のミノキシジル(外用)のみです。

日本人では薄毛抜け毛を意識している男性の割合は40歳台で32.5%、60歳台では43.4%であることが示されています。実際人口の32%、約2000万人がAGAであるとされ、何らかの治療を行っている人は1200万人、継続的に治療をしている人は500万人と言われています。

通常、毛髪の成長期は2〜6年続きますが、AGAのヘアサイクルは成長期が数ヶ月までに短縮します。一日50〜100本の脱毛であれば正常範囲とされますが それを超えるとAGAや円形脱毛症など病的なものが考えられます。男性型脱毛は思春期以降に始まる進行性の脱毛症で、頭頂部または前額部の脱毛が特徴です。最終的には後頭部と側頭部の毛髪が残るタイプが一般的です。

効果は数ヶ月目から現れ、およそ2/3の方が増毛し、1/3の方は増毛はしないものの、脱毛の進行は阻止されます。増毛は3~4年続き、その後維持されます。内服の中断により、自然の経過としての脱毛が進行します。

AGAの治療で現在FDAが認めた有効な薬は、内服のフィステナリドとデュタステリドと、外用のミノキシジル(外用)のみです。

治療に関して

当院では厚生省の承認を受けた内服薬のみの処方となります。

®プロペシア(先発 1mg)

2005年厚生省に認可。2型DHT2型の阻害剤です。海外では既に60か国以上で承認されています。男性ホルモンテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制して 脱毛の進行を抑制します。

98%の人に3年間有効で、国内の臨床試験では半年で48%、1年で58%、2年では68%、3年で78%と髪が増える人が経時的に増え、更に髪の太さも改善することも分かっています。

フィステナリド(ジェネリック 1mg)

プロペシアのジェネリックです。

®ザガーロ(先発 0.5mg)

2016年厚生省の認可。

フィナステリドの作用しない1型5-α還元酵素も阻害する上、2型5-α還元酵素もフィナステリドの3倍強く阻害するので、より強いDHT産生阻害効果を持ちます。

デュタステリド(ジェネリック 0.5mg)

2020年11月13日厚生省の認可。

ザガーロのジェネリックです。

費用について

®プロペシア(先発 1mg) 9,240円
(税込)/28錠
フィステナリド(ジェネリック 1mg) 6,600円
(税込)/28錠
®ザガーロ(先発 0.5mg) 10,450円
(税込)/30カプセル
デュタステリド(ジェネリック 0.5mg) 8,800円
(税込)/30カプセル
  • ※上記金額には処方料が含まれます。
  • ※上記金額には2ヶ月目以降の診察料が含まれます。

副作用について

起こりうる副作用

  • 蕁麻疹等アレルギー反応
  • 肝機能障害(0.2%)
  • 性欲減退(1.1%)

外用薬について

ミノキシジル5%の外用薬です。高血圧の内服治療役としてアップジョン社(現ファイザー社)が開発されましたが、日本では認可されていません。AGA治療目的では、外用薬としてのみ認可されています。薬局にて購入が可能です。

  • リアップ5・5プラス
  • スカルプメディカルミノキ5
  • ミノグロ
  • その他

治療の流れ

1.初診

脱毛の種類を診断します。適応がある場合処方となります。保険診療となりますので、一般皮膚科診療としてご予約ください。

  • ※保険診療の初診料がかかります。

2.1ヶ月後

内服による副作用のチェックをします。受付にて、次回受診日を予約します。(1ヶ月処方)

  • ※自費診療となります。

3.半年後

内服の効果判定と副作用チェックを行います。以後、1~3ヶ月処方となります。

4.一年以降

健康診断の結果を持参し受診、効果の評価をします。

注意事項

  • ※不定期内服では効果が不十分となります。効果は24時間持続と考えてください。
  • ※女性、未成年は服用で来ません。(女性に対して実施された臨床試験では、効果がないことが確認されています。)
  • ※献血は、プロペシア中止後1ヶ月以上、ザガーロ中止後6ヶ月以上から可能です。
  • ※健康診断の結果を年に1回提示、またはLINEで写真を送って下さい。
  • ※健康診断をされていない方は当院にて採血検査を行います。