医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

LINE@

内科・皮膚科
ID:me1803p
美容皮膚科
ID:xjw7932z

静岡市駿河区の内科医院 医療法人社団ヴェリタス 静岡曲金クリニック

甲状腺外来

甲状腺外来

橋本病、バセドウ病などの甲状腺機能異常症、甲状腺癌などの甲状腺腫瘍の良性・悪性の早期診断・早期治療を行っています。手術、放射線療法など当院で実施していない治療については専門病院と連携をとっています。

甲状腺疾患

甲状腺は首の喉仏の下にある20g弱の小さな臓器ですが生きていくために必要な代謝を活発にするホルモンを出しています。機能異常、良性・悪性腫瘍、感染といろいろな疾患があります。

単純性びまん性甲状腺腫

ただ大きいだけでシンプルゴイターとよく言われます。

バセドウ病

甲状腺機能が亢進する病気で体重減少、動悸、下痢、発汗異常、脱毛、生理不順、イライラなど代謝が活発になる症状が出ます。

橋本病

甲状腺機能が低下する病気で体重増加、便秘、皮膚乾燥、寒がり、無気力など代謝が低下する症状が出ます。

亜急性甲状腺炎

甲状腺が風邪を引いた状態で、押すと痛く、一時的に甲状腺機能が亢進します。

腫瘍性疾患

首のしこりとして気づかれます。良性である甲状腺に多数の結節ができるアデノマタスゴイターとよばれる腺腫様甲状腺腫、水たまりのようなのう胞、腺腫と、悪性の乳頭がん、濾胞がん、髄様がん、未分化がん、 悪性リンパ腫があります。

甲状腺検査・診察イメージ
甲状腺検査・診察イメージ
甲状腺検査・診察イメージ
甲状腺検査・診察イメージ
検査機(甲状腺エコー)
検査機(甲状腺エコー)

甲状腺の検査

  • ◎甲状腺ホルモン、腫瘍マーカー、甲状腺自己抗体などの血液検査
  • ◎甲状腺エコー
  • ◎甲状腺細胞診

当院では病理診断科もあり血液検査 → 甲状腺エコー → 甲状腺細胞診を2~3回の外来受診で行い2~3週間で診断します。

診察

甲状腺エコー/細胞穿刺

甲状腺エコー

エコーで甲状腺腫瘤の大きさ、性状をみて、穿刺吸引、細胞診の適応があるか判断します。

穿刺吸引細胞診

専用器具に注射器、針をセットして腫瘤を穿刺細胞を吸引します。採血程度の痛みです。

採血

採血

甲状腺ホルモン値、腫瘍マーカー、自己抗体を調べます。

細胞診

スライドガラスへの塗沫

パパニコロウ染色

吸引した細胞はプレパラートにスメア(塗抹)を引いて固定、パパニコロウ染色をして、細胞診断医が顕微鏡で診断します。

組織診

セルブロック / プレパラート

ヘマトキシリンエオジン染色

吸引した検体を遠心機にかけて沈殿した細胞を回収してセルブロックを作成しスライスを切ってプレパラートに乗せ、ヘマトキシリンエオジン染色をして病理医が診断します。これにより格段と診断率が上がります。

甲状腺の治療

診断後、甲状腺外来で治療可能な大部分の甲状腺機能異常症(バセドウ病、橋本病)については引き続き薬物治療を行っています。
甲状腺外来のみでは治療の完結しない甲状腺癌などについては、信頼のおける甲状腺専門外科病院を紹介しています。

甲状腺外来に関する質問

甲状腺外来について、患者さんより寄せられる質問をご紹介します。

甲状腺に異常があるとどうなりますか?

自律神経失調症、更年期障害、うつ病、心臓病、癌、腎臓病、肝臓病、蕁麻疹、糖尿病、高血圧、認知症と間違われていませんか?甲状腺の病気である事に気づかず苦しんでいたり、また容貌や性格の変化にとまどい、悩んでいたる方が少なくありません。

甲状腺は代謝を活発にする甲状腺ホルモンを産生する臓器で、多すぎるとバセドウ病、少なすぎると橋本病と呼ばれています。適切な診断と治療を受ければ、見違えるほど元気になり、まったく健康な人と同じように運動、妊娠、授乳、仕事となんでもできるようになります。

10人に1人はパセドウ病や橋本病など、甲状腺に異常があるとも言われています。

検診で甲状腺が大きいと言われましたが病気でしょうか?

甲状腺機能が亢進するバセドウ病、低下する橋本病、単に大きい単純甲状腺腫、良性の腫瘍、癌などいろいろあり、血液検査と甲状腺エコー、細胞診でほぼ診断がつきます。

医師コラム

当院では、甲状腺外来にも力を入れております。甲状腺外来の当院の特殊性など、医師がコラムを執筆しています。